囲炉裏端(仲間の集い場) 230319

強迫性神経症 | 強迫性障害 | OCD体験記・子育てブログの掲示板 「おっちゃんの囲炉裏端」です


教えて下さい

1:さくら :

2011/02/08 (Tue) 16:04:55

病院を変えたことのある方、変える時って今までの病院には全く行かなく、別の病院に行きだすのですか?

息子はずっと同じ病院にかかっているんですけど、薬物治療のみ。

先生は嫌いではないのですが、別の所に希望を持ちたい気はある。

でも付近にあまり病院がないんです。

こっちがダメだから戻るとなると難しい気もします。
2:かよ :

2011/02/08 (Tue) 16:21:44

さくらさん

お気持ち解ります。

少しずつ良くはなっていて、今は落ち着いていても、

「病院を変えたらもっと良くなるのでは?」

と、言う気持ち。

ウチの息子は今の先生をとても信頼しているので、

病院を変えたことはないのですが、

さくらさんが「変えてみよう」と思われたら、それもアリかと思います。

御心配なさっている、「こっちがダメだったら戻れるか」の部分ですが、

新しい病院で、その先生の治療に従ってみて、ダメだった場合はその新しい先生に

元の薬に戻してもらったらどうでしょう。

今の病院の先生に何でも話せて、「変えてみますが、また戻ってきてもいいですか?」

というような話が通る関係なら、相談されてもいいかと思いますが、

おそらく、そんなことは言えないでしょう?


3:麻紀 :

2011/02/08 (Tue) 20:00:01

 こんにちは
心の病気になってから
8年目の26歳の麻紀と言います。

アタシは
去年の12月に変えたばかりデス。
薬療法のみデス。
変えた理由は
何年通っても変わりないし新しい所に行って
前に進みたいって言うのが理由でした。

アタシも近場に病院がないために
探すの大変でした。
今の病院で四件目デス。

今の病院は知り合いの勧めで
まだはっきり自分に合っているか手探り中ですが
前の病院には
何も言わず
新しい病院に行きました。言いづらいって言う気持ちがあったからデス。

アタシの場合,現在
新しい病院では
前にかかっていた薬を
出してくれ
続けて飲んでいたり
飲まなくていい薬は
減らしてくれたりと
融通はきくのと
金銭的に安いのが
何より良いデス。

アタシも病院変えるのに
踏ん切りみたいのがつかなくて
たくさん迷って考えました。
さくらさんのお子さんが
変えてみようと思っているのなら
良い機会かもしれませんね。
初心で病院の
空気感や雰囲気・先生・
看護師と
合わなかったりが
分かると思うので
あまり深く考えず
一度新しい病院に行ってみて
合わないようなら
前の病院に変えるのも
良いと思いますょ。

前の病院には1ヶ月や2ヶ月行かなくても
調子が悪くてや
言い訳はできると思うし,
今の病院と新しい病院を
見比べるのも
良いかと。

意外に現在の病院の方が
合ってたんだぁって
思うかもしれないし。

アタシ説明下手で
伝わりにくくて
ごめんなさい。

4:さくら :

2011/02/09 (Wed) 17:49:06

かよさん、麻紀さん
早速の返事をありがとうございます。

とっても参考になりました。

5:おっさん :

2011/02/10 (Thu) 02:42:45

さくらさん

ちょっと、焦ってないかなあ?
なんとなく、そんな気がしてね。

「どれくらいで治るのですか?」
俺の、最初のころの、医師に対しての決まり文句の質問でした。

それに対しての医師の答えは、表現は様々でしたが、ほぼ異口同音で、
「わかりません」だったと思います。

今、娘が通っている医院の先生は、もう10年くらいになるのかなあ、
「5年なのか、10年なのか、明日なのか、判らないです。」
「ただし、治ると言う表現ではありません。」
「前の娘さんに戻るというのが治るというふうに表現するとすると、
そうではなくて、違う娘さんになると言うふうに表現すれば解かりやすいかなあ」
「気になることが、すべて無くなるのではなく、気になることを認めて生きる」
「そんなふうに、勉強した知識が増えて身についた。」
「成長したと考えたらいいかなあ。」

こんなふうに、説明してくださいました。
その時は、なるほどとは思えませんでしたが、今は、理解できたような気がしています。

会社の同僚で、奥さんが重症の鬱病に罹った人がいて、
彼が、教えてくれたのですが、
「医者によって、まったく違うと言うか、患者に合う合わないもあるし、色々比べろよ」
「自分の目で見て、話をしてみて、娘さんを連れて行って、試せばいい。」

先ず、県内の心療内科をネットで調べて、近いところから、話を聞きにいきました。
10分ほど話しただけで、「はい、一万円いただきます」なんて医院もありましたよ。
私が、この医師は、信頼できそうだと思っても、
娘が、あの先生は、話が解かり難いし、私の意見を聞いてくれないから嫌、なんてこともあって、
20件以上の病院、医院を試してみました。

試すなんて言葉は、大変失礼な言い方ですが、
私が、ブログで書いた、私の個人的な意見、
精神神経の病を、風邪と同じ、「病気」と呼ぶのはおかしい、
同じように、「病院」と呼ぶから、薬が治してくれると勘違いしてしまうと言うところ。

精神神経の病は、心の負った傷だと考えると、薬は、治すものじゃないと思うのです。
薬は、症状を緩和するもので、治すものではないと思うのです。

これは、あくまで、私の個人的見解で、アホなおっさんの勝手な言い分ですからね。
私は、そう考えているというだけですからね。

そう考えている私は、親、兄弟、友達、親切な他人、もちろんお医者様もです。
心の病は、その本人と、周りの人の心が、触れ合いながら癒していくものだと思うのです。

無茶苦茶な個人意見を並べ立てていますが、
その周りの人の指針として、中心に医師が存在してる。
そして、医師も、触れ合う人々も、本人の寛解に向けての触媒の役割を担うもの。

そんなふうに考えています。
よって、私は、医師も絶対ではなく、触媒の一つだと位置づけています。

回りくどくなりましたが、なんとなく、私の考え方は解かっていただけたでしょう。

ということで、医師、病院を変えてみることは、大いにありだと思います。

今、罹っている先生に、別の病院に行ってみますと言って、別のお医者さんと話してみたこともありますよ。
紹介してもらったこともあります。
たぶん、こんなことは珍しいことなのでしょうね。

こんなことも含めて、今の、お医者さんが、一番、娘に合っているのかなと思っていますし、
私も信用しています。

まあ、なかなか、別の病院に行きますと言って、いい顔をするお医者様は、いてないでしょうから、
ナイショで、別の病院に行ってみればいいのじゃないですか。
息子さんに合う人と出逢えるかもしれませんし、
今、付き合っている先生が、息子さんと合っているなということを再確認出来るかもしれません。

ごたごた書きすぎましたね。

私は、原則、親が必死ですることは、たとえ人が間違っていると言っても、
息子さんには通じるものがあると思っていますし、「必死」に勝るものはないと思っています。

なんか、解かりにくい話を続けてしまった感じです。
これからも、たくさん話し合っていきましょう。
だれにも正解なんて見えてないのでしょうから、自分に合ったものを探し続けていきましょう。
6:のん :

2011/02/10 (Thu) 20:35:06

さくらさんへ
のんは前に行ってた病院がきらいで今の病院に行きました。
7:ミミリン :

2011/02/11 (Fri) 01:08:39

お久し振りです。

うちの娘も、今年の始めから5年通ってた医者を変えました。

なんだか代わり映えしないし、これからもしない気がしてきたからです。

良い先生でしたが、ちょっとそう感じたら、尊敬とか信頼が急に薄れていく気がしました。

毎回一緒に付いて行ってるので、娘も同じ気持ちと思いました。

すると医師も、感じ取ったのか、ご自分の後輩で開業された方を紹介してくださいました。

医師も、これ以上良くさせる自信がなかったのかもしれません。

医師に

「では、紹介してくださった所に一度見に行って来てから決めても良いですか?
それと、家の近くに評判が良いと聞いてる所にも、この機会に見て来たいんですが良いでしょうか?

そして、どちらかが気に入って通い出しても、やっぱり合わなかったら戻って来ても良いですか?」

と、素直に聞いてみました。

医師は、「良いですよ。その時はいつでも連絡下さいね。」

と言って下さいました。

実際、このような事は以前も一度ありました。

今は、セカンドオピニオンというのも、良い気がします。

ちょっと不信に思えたり、他の意見が聞きたい場合は、利用しても良いと私は思います。

実際、今回医師が紹介してくれた所と自分が人から聞いて行ってみたかった所をニ軒行ってみて、それぞれの医院の医者に、
「これからまだ変わるか正直分からないですが、評判が良いと聞いて、一度診ていただきたくて伺いました。」

と、正直に話しました。

どちらの医師も気持ち良く、話しをしてくださったし、
「今飲んでる薬は、もしこちらに移られても、少しの間、同じのを飲んでて下さい。」

と、どちらにも言われました。

環境の変化に娘が動揺しないための気遣いだと思い感謝しました。

結局娘は、今までの医師が紹介してくれた所に決めて今年から通ってます。

今回は、女医さんで、内科も入ってる所なので、いろいろ不安に感じてる身体も見て貰ってます。

以前の医師も、決めて変わる旨を伝えたら、気持ちよくたくさんの今までのデータを入れた紹介状を出して下さいました。

いろいろ長く書いちゃってすみません。

さくらさん親子の素直な気持ちを大切に行動してみて欲しいです。

参考になったら嬉しいです。

8:さくら :

2011/02/11 (Fri) 06:29:24

のんちゃん

話しかけてくれてありがとう。
すんごく嬉しかったよ。

ミミリンさん

先生とも良い関係で転院出来て良かったですね。

正直に話す、本心を話す。大事ですよね。

心の中を解ってくれなくてはいけない専門家達だから、迷う気持ちも解ってもらいたい。

なんだか、私が解んなくなっちゃったんです。
必死のはずだったけど、流れに流されているだけじゃないかって。

まだ私に来ることがあるんじゃないかって。

休み休み考えていきます。
ありがとうございます。


おやじさん

皆が話し掛けてくれて嬉しかったよ。
素敵な場をありがとう。
9:ミミリン :

2011/02/11 (Fri) 09:22:14

さくらさんへ


こちらこそコメントありがとうございます。


転院を考えたいとき、私は先生に不満は、正直言いません。

…というか、頼りなく感じてきても、今まで何とか乗り越えて来れたのも、この先生のお陰もあったと思うので、感謝の思いは忘れないように心掛け、実際医師にも、ちょっとここまで来るのが年のせいか大変になって来て(ちょっと遠いとこに通ってた)もうすこし近くに変わろうかと思う様な事を自分のせいみたいにしながら話したりしました。

そして、自分の行きたいとこは、頭にありますが、それは伏せて、医師のお勧めはあるか…も聞きます。

ちょっとずるいかもしれませんが、あくまでも医師を尊厳しながら、自分の思いを伝えています。

今回転院が4軒目となりました。

転院した後、良くなかった事に気付いた時に、路頭に迷わない様、いろいろ考えます。


とにかく、娘が、環境の変化で動揺し過ぎないよう考えます。

医師の心遣いも気をつけますが、娘の思いや意見を第一に考えて、医師に本人が伝えられない場合は代弁もします。

でも、馴れたら、私はなるべく間に入らないほうが娘にとって良いと思うし、あくまでも娘が通ってる訳なので、娘が主に動いて行くように促して行きます。


医者に通いだして10年になりました。

娘本人も、すぐ治るくらいに始めは思ってたようで、近頃こんなはずじゃあなかったと嘆いています。

私も、自分がだんだん年を取ってきて、将来の事を考えて不安に襲われます。

しかし、病人は病人なりの自立が必要と私は思うので、娘がこれから良くならないとしても、どう生活していけたら、本人が楽か考えるようになりました。

そして、おっちゃんも書かれてたように、以前の様になれると思わないよう娘に言ってます。
「〇〇ちゃんは、心が交通事故にあって、ちょっと壊れちゃっただよ。例えば、怪我して腕を片方切断しちゃったとしたら、どうする?ちょっとの間混乱して何もやれないだろうけど、そのうち片方の手を使って生活するようになると思うのよ。そのうち便利な義手も手に入れて、何でも自分でやれるようになってさ…。〇〇ちゃんの心もそんなもんだとお母さん思うのよ。だから、以前のようにならなきゃ、と思わずに、これから良くなってきたら新たに、いろいろ出来る事が増えて行くと思ったほうが良いよ。そう思ったら、楽しみだし、今の残った身体や心も大切にして行かなきゃいかんね。」
と伝えてます。


人間、いろいろ人生ありながら年を取って行くわけで私達もきっと似た様なもんだ。と思うのです。


久し振りに話したら、またまたエラそうに余分な事を書いしまいました。ごめんなさい。

さくらさん、おっちゃん、皆さん、これからも励まし合いながら、現実を放棄せず歩んで行けたらと思います。

よろしくお願いします。

10:麻紀 :

2011/02/11 (Fri) 22:46:27

 息子さん
良いお医者さんに
出逢えるといいですね。

陰ながら
応援してます。
11:たつや :

2011/02/14 (Mon) 12:48:51

はじめまして

強迫性障害6年目のたつやです

僕は発症して3年目に病院にいきました

それまで自分が病気にかかってるなんてわかりませんでした

知識がなかったんですね
ただただ手探りで生きていました

現在の病院はわりとあっていると思います
薬物治療のみです

15分未満の診察と1時間のカウンセリング

しかし僕も病院を変えたいと思うときがありました

先生にはセカンドオピニオンを受けたい

と言いました

するとしっかり紹介状を書いてくれました

新しくいった病院では30分くらいの診察でした

新しい先生は

[もとの先生のやってる治療は正しいからそのまま信じて診てもらいなさい]

といいました

それから僕は今も元の先生のところで診てもらっています

以上が僕の体験談でした
12:さくら :

2011/02/14 (Mon) 13:39:59

たつやさんへ

1時間のカウンセリングは魅力的ですね。
たつやさんは話すのが苦手ではないように思えるけど、自分の気持ちはカウンセリングで吐き出せていますか?

心のお医者さんだから、本心で話せば怖がることは何もないと思うようになりました。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.