囲炉裏端(仲間の集い場) 217131

強迫性神経症 | 強迫性障害 | OCD体験記・子育てブログの掲示板 「おっちゃんの囲炉裏端」です


囲炉裏の火

1:おっさん :

2011/12/02 (Fri) 04:24:11

ずいぶん長くウトウトしてたら、いろんな話、聞こえてきてて、
悲しむ声やら、励ます声やら、すこしだけ入ってきて、また家に帰ったり、
泊まりに来たり、囲炉裏の火、それぞれが継ぎ足してくれて、チロチロ燃えてる。

「おっさんは、ほったらかしや」って怒ってた声もきこえてたなあ。

おっさん、余計なお節介、よくするんやけどなあ、
ここでは、あまり、お節介しないでおこうって最初から決めてたんや。

ブログは、管理人やけど、囲炉裏の部屋は、出入り自由で、
たまたま、今 来ている人が、それぞれ、お茶を入れたり、お菓子を持ってきたり、
泣いてる人がいたら、背中を誰かが、さすってあげたり、
黙って本を読んでいたり。
でも、寂しくない。
そんな囲炉裏端があればいいなあと思っていたからなあ。

長く居眠りしていたら、そんな囲炉裏端になってきたかなあって思えて、ちょっとニヤニヤ。

居眠りしている間に、脳梗塞なんて病気にかかって、
お医者さんに、「このまま死ぬ人もいます」なんて怖い話されたり。

おっさん、実は、弱虫で、娘の病気が酷かった頃、
お医者さんに、いつ治りますか?って聞いて、
「五年、十年、何年かは、解からないです」って答え聞いて、途方にくれて、
「治るっていうふうには考えないでください」って言われて、
意味もわからなかったころ、そして、どんどん、しんどい日が続いて、
余計に訳がわからなくなって、すがるものも無かって、
娘といっしょに・・・なんて、よぎったこともあったなあ。

その時、その頃、自分が病気で死ぬなんてこと考えてもなかった。

娘と闘っている自分を、「俺が死んでから、娘が解かってくれるように」なんて考えて、
ブログを書き出して、それでも自分が死ぬってことは実は現実に考えてなかった。

必死やったんやけど、”ほんまもん”じゃなかったのかなあなんて考えるなあ。

まだまだやけど、娘の強迫は、あの頃よりは、ずいぶんマシになったように思う。

でも、強迫と、やみ雲に闘うことに少しの隙間ができた今。
自分の人生を振り返って、自分の年齢を考えて、二十歳すぎから三十五歳までの、
輝いているであろう、楽しいこと、嬉しい事に出逢えたであろう年月を悔やむ娘。
これからの生活を不安に思う娘を見ていると、
俺が助けてやれることの無い虚しさの様なものを感じてしまう。

続いている闘い、終わることの無い闘いを生きて、そして消えていくのが人生なのかな、
そんなふうに考える。

今、迷い、悲しみ、苦しむ娘と、夜中の祇園八坂神社に参拝してきて、
年老いてきている自分を感じて、
愚痴のような情けなさなのか、それとも開き直りのような平常心なのか、
沈んだような、それとも、落ち着いたような感慨の中にいる俺。

今日は、この囲炉裏の火が、とても温かく心地よいものに感じて、
うまく表現できないのだけれど、独り言を、囲炉裏にむかって呟いている。

おっさんの吐き出した心の言葉。
まったくの独り言なので、聞こえても、知らんぷりしておいてな。

おっさん、こんな独り言を「うんうん」って聞いてもらえる囲炉裏端が嬉しい。
この囲炉裏の火、温かくて心地よい。




2:yumi :

2012/01/01 (Sun) 20:25:58

おやじ、yumiだよ。

おやしは頑張りすぎなんだよ。

おやじが、いくら頑張っても

娘さんの頭の中には

入り込めないよ

おやじの助けも ありながら

私達は頑張る事ができる。

私事だけど

yuiは幻覚が言えなくなったよ


これも 自分の力と周りの助けだよ

おやじ、疲れてるんだよ

おやじが 疲れてたらだめだよ。

おやじは もっと大きな気もで

大きな心で失礼だけど

娘さんを 少し離れた所から

見守ってやるって事も

できるはずだよ。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.